FC2ブログ
JK

JKが、大好きな女教師と、屋上で・・・

 12, 2018

満子と私は2人きりになった。元々3時頃になったら家族との予定があるということで、啓子は帰ることになっていた。家族から迎えがあり、クルマに乗り込む彼女をみんなで見送った。せんせい、私せんせいとふたりっきりで話がしたーいはしゃぐ彼女の笑顔に、こちらもうれしくなる。屋上に行こ屋上って登れるの?うん。鍵がかかってるように見えるんだけど、実はかかってなくて自由に行けるんだ満子が言うように、扉には鍵がぶらさげ...